市民のための 「映画と文化フォーラム」


「内部被ばくを生き抜く」上映会は無事終了。

★★ 200名の会場がいっぱいとなり、以下、熱心な感想が集まりました。★★


・専門医の話が直に聞けて良かった。90才の 亡くなられた「人生」の詩が良かった。トークも歌も とても良かった。佐藤さん、これからも頑張って!!

・映画と、佐藤さんの歌とトーク、大変よかったです。友人の多くに声をかけてくればよかったナァ と思いました。ありがとうございました。

・映画は、とても勉強になりました。佐藤さんも希望につながっていけそうです。

・佐藤さんのライブが素晴らしかった。たくさんの人が熱心に勉強されていたのに感動した。

・詳しく知る事が出来て、関心を継続させたい。この様な活動をしてくれている人の事も知れた。

・それでも人は生きている。原発はキケン、声をだしていきましょう。

・大変勉強になりました。やはり、妥協せず、“よいことをして”生きようと心がけます。また、そ れを色々な人に伝えていきたいと思います。

・映画は本当に勉強になりました 1日1日を大切に生活することです。

・セットでとてもよかったです。おなかからのうたごえを久しぶりにきけて、元気をいただきまし  た。ありがとうございます。

・この映画を作って下さってありがとうございました。命は自分で守ること 自分なりに考えてみた いです。

・生の声(避難者)の力はすごいと思いました。

・ますます原発の影響を考えさせられました。再び事故が起こらないようにするには、どうしたらよ いか 今の政治家に直に考えてほしい!

・日本中が被ばくしている。第2、第3の福島は日本中に存在する。本当に大飯原発は稼働するの  か?日本人は何をしたらいいのか?何をすればいいのか?考え続けて答えを出し続けなければなら ない。鎌仲監督に拍手。ありがとうございました。

・来て良かったと思う。DVD購入したいと思った。とても良い機会になりました。まだ人生長いの で、本気で取り組まないといけないですね。

・佐藤さんの生の声がきけて良かった。自分が何をしていけるか、考えて生きて行きたい。
 内部被ばくはこれから3年5年と表れてくる。自分ができることはしようと思うが、空気、水につ いてはふせぎようがない。子どもや孫の世代が心配だ◆佐藤さんのお話とてもよかったです。体験 者の話を聞くのは大切ですね。

・福島での現地の生の様子を伺えたのでよかったです。ありがとうございました。

・広島、長崎の状況、ベラルーシの状況など、過去の事例について私たちはあまりにも無知である。 このような映画を通じてこういった事を知るのは重要である。知った上で、今後どうするべきか検 討していくべきである。・福島事故については、その影響調査を詳細に行うことにより、状況把握 をしていかなければならないと思う。

・佐藤さんのステージでは元気をもらえました!

・福島の方々の苦悩を考える時、私自身、何をすればよいのか。何ができるのか。今まで放射能につ いて無関心だったことを恥じつつ考え続け、できることを探し、行動していこうと考えています。

・原発反対、米頼みから自立して!その覚悟を。マニュアルはその地域で、自分達が作る物 日ごろ の訓練を!正解はないけれど市民力が一番、行政が動くまでには時間がかかることを知ってほしい 
 
・この作品を作った鎌仲かんとくとスタッフ、いち早く今回千葉での上映会にこぎつけた方々に感謝 します。一部専門的な箇所もあったが、とても分かりやすい内容で、特に地元で幼稚園をやってい る方と家族、そのまわりの人々の話が心に残りました。やはり話しは直接聞いてみないとわからな いと痛感しました。世の中の大多数はこういう事を知らないのでは?大勢の方に見てもらいたいと 思った。

・佐藤さんのお話も聞いて良かったです!

・歌とか必要でしょうか?インタビュー形式とかの方が良かったと思う。

・二本松のご家族やそこで生きている人々の放射能に対する真摯な取り組み、対応の様子がとても伝 わってきた。ただ、イラクの劣化ウラン弾の話が、チェルノブイリの話があまり「内部被ばく」と 直結していないように思え、テーマがよくわからないかんじがしました。 チェルノブイリ…内部 被ばくにも保養などで改善できる、というところだけでもいいのではと思った。

・とても勇気づけられた。ありがとうございました。

・思いきって来てよかったです。何をがんばれば良いのか分かりやすく、希望を与える映画と思いま す。多くの人にみてもらいたい。上映会できたらと思いました。

・二部もとっても良かったです。さとうさんの生き方とってもすてきです。

・除染して住み続けることができるのか、そのあたりのことが知りたいと思います。内部被ばくにつ いては子どもにとって影響が大きいのは理解できるが、大人にとって、その恐怖をどの程度認識す るべきなのか、を決定的に感じることができなかった。


・以前「ミツバチの羽音と地球の回転」を見、鎌仲ひとみさんのお話を聞く機会がありました。テレ ビや新聞では報道されない放射性物質の放出、違った角度から描いていてもっと多くの方が、この 映画を見る機会をと思います。佐藤さんは歌より、もっと体験を聞きたいと思いました。
 

[PR]
# by eiga-bunka | 2012-08-13 21:36


鎌仲 ひとみ監督  ★  内部被ばくを生き抜く ★  

  以下の日程で、上映会をしますので、ぜひ 前売り券を購入してください。   
                      * 当日券は少しだけしか出ません。

★ 内部被ばくを生き抜く ★ (鎌仲 ひとみ監督)

日程  : 2012年6月24日(日) 1:30(開場) 2:00(開演)

      映画上映 80分+「3・11」佐藤 努さん(福島県楢葉町出身/歌とトーク)

場所  : 千葉市男女共同参画センター(ハーモニープラザ内)3F イベントホール
          (千葉市中央区千葉寺町1208-2 TEL 043-209-8771)

チケット : 全席自由 前売 1000円  当日券 1500円 高校生以下 500円

連絡先 : 090-9304-1030(かまくら) 090-5301-8171(岡)

      E-mail eiga-bunka-owner@yahoogroups.jp

託児  : 応相談 託児料(別室託児がされた場合) 300円 (当日の徴収)

   
申し込み方法:① 「お名前・ご住所・TEL&FAX・枚数」を上記、連絡先に伝える。
           あるいは、043-254-7748(FAX)する。
                    
       ②  郵便局の振込口座 00170-8-694525 名義「映画と文化
           フォーラム」に金額を入金する。手数料は各自、ご負担下さい。

       ③  入金確認後に、チケットを郵送させていただきます。
   
   
[PR]
# by eiga-bunka | 2012-05-02 15:30


ユーロスペースで「百合子、ダスヴィダーニャ」上映


 渋谷のユーロスペースで浜野 佐知監督の「百合子、ダスヴィダーニャ」を
上映中です。10:30~のモーニングショーのみの上映。

 宮本 百合子(作家)と湯浅 芳子(ロシア文学者・翻訳家)の愛情と魂の交流
を大正の香り高く、描く。百合子役は、一十三 十一(ひとみ とい)。
芳子役は、菜葉菜。百合子の夫役(大杉 漣)

 中條 百合子 ~ 私は、この愛がなんという名であろうとも、あなたの愛で、あなた
          という心の城をもって生きる。

 湯浅 芳子 ~ 私はあなたによって良くされ、あなたも私によって良くされる。
         私はあなたを愛し、あなたの仕事を愛する。

 11月18日までの予定です。ユーロスペースに確認をしてください。

以下は、ユーロスペースのURLです。

 http://www.eurospace.co.jp/
[PR]
# by eiga-bunka | 2011-11-06 11:57


報告:映画上映 「ミツバチの羽音と地球の回転」 終了しました!

 ★ 2011年6月18日(土) 映画「ミツバチと地球の回転」は、
   盛会のうちに無事、終了しました。



◆ 会場となった「千葉市男女共同参画センター」の200席は満員となり、
10ヶ月の赤ちゃんを連れてきてくれた女性、いつもは見かけない若い
青年たち、3歳、4歳の子ども連れの女性のグループなど、もちろんシ
ニア世代の方もたくさん、きてくれました。

◆ これまでの映画より多い50枚以上の熱心な感想が集まりました。
以下は、その一部です。

   -----------------------------------


 ・とても良かったです。祝島の人たちが自分たちの生活を必死に守る姿に涙が
  出ました。私は今、24歳でこれから子どもを生む身として原発は絶対、反対
  です。人の命と地球環境を第一に考える社会へ変えていく生き方を私もしてい
  きたいです。

 ・祝島のどんな人たちが反原発でがんばっているのか、とてもよくわかりました。
 3・11後、海で生活し、農業で生活していくことがどんなに貴重なことか、
  わかりました。祝島の人たちをこれからも応援していきたいと思います。

    
・きれいな海と安全な食べ物を未来の子どもたちに残したい。祝島の人々の考え方
 とくらし方と考え方が等身大に描かれていて、感動しました。
  こんな事故が起こってしまって・・・
  これからでも何をすべきなのか、考えないといけないです。
 原子力を使わない自然エネルギーの利用の方向に行動したいです。
 (それが出来るというスウェーデンの取り組みが描かれていて、よかったです。)


・祝島の人たちのねばり強いたたかいに感動しました。
  福島の原発の事故が起きて始めて、なぜ、私たちは原発阻止のたたかいをおろそか   
にしていたのかとくやまれます。 
チェルノブイリの事故をあまりにも遠い国のことと思っていた私です。
 これからできる限り、脱原発に向けて行動することが一人でも多くの人たちと手を
 組んで行動することが、唯一残された道と思います。


 ・福島原発が、あんなヒドイことになって、今ある原発が廃され、新たに建設され
  ないことを希みます。
  祝島の人々が少しでも延ばした期間が、建設中止の役に立つことをねがいます。
  近くの四国電力の伊方原発も廃されるといいと思います。
  島にきちんとした生活が根着くことを祈ります。

   
 ・希望をもてる内容でした。ふつうの人々の一人一人の気持ちだけでも世論を動かす
  きっかけになれると思いました。

  
 ・今まで、一方面の問題点しか見えていなかった原発について、多方面から、影響を
  知ることができた。大きなモノのかげにいるのは、いつも小さな多くの人間だと
  思う。


 ・持続可能な社会をすでに実現しつつあるスウェーデンと日本の格差を痛感しました。
  確かにスウェーデン製の掃除機は全く清浄な空気が出てきますので、部屋の空気が
  よごれない、など技術がずば抜けている。
  エネルギー転換の法則という、科学上の真理をもっと生かしたエネルギー政策を
  日本もぜひ・・いやかならず実現させていかなくてはならない。
  技術立国の日本の技術者や財界、政界はもっとプライドをもってその実現に努める
  べきだ。風、波、熱、日本にはあまりにも多くのエネルギーが溢れているではない
  か。本当にありがとうございます。

   
 ・福島の原発事故があってから、とても原発の問題に関心を持つようになりました。
  安全神話がくつがえって、費用、コストもいくらか分からないくらい高くつくこと
  が明らかとなり、人のいのちと引きかえにはできないと、脱原発をすすめなければ
  ならないと思っています。今日は大変ありがとうございました。

    
・すばらしい映画を見せていただき、ありがとうございました。原発大反対です。
  また、祝島の皆様の努力には感動させられました。
  しかも、ご高齢の方々ばかり多く、応援に行けるものならと思うくらい。
  自分の生き方を反省させられました。

 
・祝島のおばあちゃんたちのエネルギーと明るさに、びっくりすると共に、こんなに
  長い間、反対運動をしていることをしらなかったこと、知らされていなかったこと
  にもおどろきました。
  私なりに感じたことをまわりの人々に少しずつでも伝えていくことが大切だと思い
  ました。
  今日は、貴重な場を託児つきで作っていただき、ありがとうございました。

  
・スウェーデンの取り組みに勇気づけられ、とてもいいインスピレーションをいただ
  きました。おばあちゃんたちががんばっているのが、ショックでした。
  どうもありがとうございました。いい映画を作り続けてください。


・ 祝島の人々の闘いと海・山を守る姿に心を打たれました。上関原発反対運動に
  これからも賛同して協力していきます。よかったです。原発全廃に向けて私も
   頑張ります。

(原文は誤字もふくめ一部修正)


      
   

[PR]
# by eiga-bunka | 2011-06-20 23:03


ミツバチの羽音と地球の回転

    千葉市で初上映!
      
   映画上映「ミツバチの羽音と地球の回転」

           監督:鎌仲 ひとみ 
 


    スウェーデンの脱原発と中国電力・上関原子力発電所(山口県上関町)
    の建設に反対する島民の姿を通じ、風力など自然エネルギーへの転換
    を訴えるドキュメンタリー映画。

  
  日 時 :  2011年6月18日(土) 1:30入場 2:00 開演
                     (映画 135分)

  場 所 :  千葉市男女共同参画センター(ハーモニープラザ内)
             3F イベントホール
         TEL 043-209-8771
    
  入場料 :  前売 1000円  当日 1500円

  問合せ :  西田  TEL 043-243-8383 
         事務局 FAXのみ 043-254-7748
         E-mail eiga-bunka-owner@yahoogroups.jp

    ◆ チケットは、5月のGW後から、売り出します。
        ご住所、お名前、枚数をお知らせください。以下の振替口座に
        入金確認後、チケットを郵送します。
        振替口座 00170-8-694525
        口座名義 映画と文化フォーラム
       
[PR]
# by eiga-bunka | 2011-04-23 21:31

    

興行ベースにはのらない良質の映画を発信する
by eiga-bunka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧